2018冬の片付け祭り 持ちもの見直しを毎年してます

片付け祭りが毎年恒例行事になってしまいました。

[h2 text=’いつも連休を使って、年に1、2回の片付け祭り’]10月にも3連休があって、そのときにやるつもりだったんだけど。。。
また今年も、年末になってやっと片付け祭りを終わらせることができました。

こんまりさんの教えでは、片付け祭りは祭りであって、1度で終わらせることができるハズなんだけど。。。

もうこれほど、片付け祭りが毎年恒例行事ともなると、もうこれはこんまりさんの教えではなくて、わたし流のアレンジ片付け祭りですよねー。




[h2 text=’片付け祭り、今年の結果はこんな感じ’]今回の片付け祭りの成果はこれですー。

今回の祭り、食べ物系調味料系が多いです^^;
うち、食べ物に関しては、賞味期限ってほとんど気にしてないんですよね。恥ずかしいけど。それで、去年の片付け祭りではまだ食べるよなーと思って残してたもののうち、その後1年間結局食べなかった、というものを今回サヨナラします。

服のほうは、外出の時に着る洋服のほうは、使い切って消耗したなっていうものばかりになってきました。外出着に関しては、ときめき感度はばっちり。全てが、袖を通すものばかり。眠っている洋服はありません!

でも部屋着のほうがね、まだ着られると思って手放せなかったみたいで。去年は残したけど、やっぱり全然着る時は来なかった、っていうもの、今回そこそこあります。部屋着に関しては「もったいないかなー」という気持ちがときめき感度を下げてしまってる。

こんまりさんの教えのとおり、「ときめき」の気持ちのみで選んでたら、もっと昔にこの部屋着たちを手放して、もっと前から、開ければときめく収納スペースと一緒に暮らせてたんだろうなあ。

そう思うと、やっぱりこんまりさんの教えは正しくて、こんまりさんの本の通りに、順番から、マインドから、そのとーーーおりにやれば、もっと早く、ときめきいっぱいの暮らしになってそうです。

人生がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵
サンマーク出版
売り上げランキング: 521