人間ドックひっかかったその後と揚げ鯖のケチャップあん弁当

人間ドックでひっかかったALP(アルフォス)の数値が高い件について、その後のこと書きますね。

・揚げ鯖のケチャップあん
・ブロッコリーとハム炒め
・玉子焼き
・やせるみそ汁の味噌玉 赤いちっちゃい入れ物の中

人間ドックの血液検査で、ALPっていう数値が高いっていうお話を以前お弁当日記で書いたんですが。

この数値が基準値を超えてると、肝臓が悪かったり、骨折してたり、小腸が悪かったり?ということがあったり、でも、妊婦さんだったり成長期の子どもさんとかも高かったりするらしいです。
精密検査の予約がとれたのが2月の中旬、で、その血液検査が外注の検査ということで、結果が分かるのに2週間。やっと結果が分かりました。

コメントでも教えていただいたんですけど、ALPの中でも、肝臓方面が悪いのかとか骨方面が悪いのかとかの内訳がわかる、アイソザイムを調べてもらえました。

わたし、初めて人間ドックを受診した10年前にもALP値が悪くて、精密検査してもらった時にこのアイソザイムを調べてたみたいだったんですよね。そういう感じで説明してもらってなくてわからなかったんだけど。

そしたら、10年前と結果は全く一緒。肝臓が悪いときに高くなるとこがいちばん数値が高くて。

でも、腹部エコーやγGTPは何も悪くないから、肝臓が悪いということではないですと。問題ないと言われました。

その数値は時々、血液型がB型やO型の人が高くなることがあるから、わたしの血液型がB型だからかもしれませんって言われました。

そんな結果で、問題なしという結果に。前回引っかかった時と同じ、まあそういう体質ってことかと。病気ではないということで。この件は終了です。いまいちすっきりしないけどね。

▽この記事をシェアする
▽投票で応援お願いします!
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


スポンサーリンク


[ 人間ドックひっかかったその後と揚げ鯖のケチャップあん弁当 ]お弁当2019/03/05 18:00