また手放すものがこんなに 2016秋の片付け祭り


アメリカTIME紙の
「世界で最も影響力のある100人」
にも選ばれてる、近藤麻理恵さんの著書
人生がときめく片づけの魔法
に衝撃をうけて以来、
ときめくものだけに囲まれる暮らしを目指して
片付けていますが。
こんまりメソッドに忠実に従って
片付け祭りをすれば、その一回きりの祭りで
一生片付けのいらない暮らしに
なるはずなんですけどね。
もうわたし、片付け祭りするの、
これで4回目か5回目じゃないかと思う。


この前の連休、
また本を読み返して復習してから
持ち物の見直しをしました。
そしたら、また今回も
手放すものがこんなにたくさんです。

リサイクルショップでも
いけそうなの2袋くらい、
無理めなもの3袋くらいです。
まだこんなにある。。。
前回までの祭りで、
こんまりさんの教えを守れなかったために
今回になってから手放すってものが
結構たくさんあった印象。
取説などの紙モノ関係とか。
いつかやろうとおもってた手芸キットとか。
ただ、洋服は、こんまりメソッドの
ときめき基準での片付けができていたようで、
今回手放すものも、お気に入りで、
着倒したなーと思うものが多かったです。
今回の祭りで手放した、
いちばんの大物はこれ。

無印良品のラグです。
これは、こたつ時代には、
春夏秋のラグ兼、冬のこたつ敷きとして
ふたつの用途に使えて
わりと気に入ってたけど。
2年前にこたつは断捨離。
最近になって、
色とかあんまりイケてないなーって
気持ちが変化しまして。
ラグをなくしたらこのとおり。

こっちのほうがいいですよね(^O^)
すっきりして、お掃除も簡単になりましたよ。
こんな風に、
自分の好みも変わることあるし、定期的に
何度も片付け祭りをするのもアリですね。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


スポンサーリンク


[ また手放すものがこんなに 2016秋の片付け祭り ]家事,住まい2016/10/15 11:30