年賀状やめます。決心できてホッとしてる

  • 2020年12月28日
  • 家事
  • 1481view
  • 0件

年末年始のお休みに入りましたー。

わたし、年末のお休みを使って、友達とキャンプする計画にしていたんですけど、のっぴきならない事情で中止になりまして。

残念。キャンプ行きたい。。。次行けるのいつかなあ。寒波来るっていうから、もう年末年始のお休みを使ってっていうのは無理ぽいなあ。。

前置きがつぶやきで長くなってしまいました。さて本題。

年賀状やめます

来年から、年賀状でご挨拶をすることをやめることにしました。

毎年毎年、辛いなあーと思いながら、でもマナーかなあと思って、一生懸命になって書いてきた年賀状。

30枚ちょっとしか出してないんですけどね。それでも、すっごく頑張らないと書けなかった年賀状。

やりたいことがすごく増えてきて全然時間ないし。

去年がんの手術をしたことをきっかけに、これからはやりたくないことはできるだけ避けて、楽しく生きていきたい、なんてことが自分の人生の方針にもあったり。

よく拝見してるブログさんでも、年賀状をやめたって記事をいくつか拝見するようにもなっていて、それにも背中を押してもらえた気分です。

年賀状じまいをどう知らせるか

新年はあと4日でやってくるというところだけど、どうやって年賀状じまいを知らせるのか、実は未定なとこもあるんです。

普段から、顔を合わせることもあったり、LINEで繋がっている友達には、「年賀状やめるよ」っていう連絡、できました。

だけど、年賀状だけでしか繋がれていない人たちには、どうやって知らせるべきかまだ未決定。

年賀状で、「来年からやめます」というスタイルか、年賀状をくれた人に寒中見舞いでお返事する形で「今年からやめてます」というスタイルか、どうしよう。

今年のあと3日間の間に、やる気の神様が降りてきてくれれば、来年の年賀状を最後にやめます、とお知らせするスタイルにしますけど。やる気の神様次第です。

友達の反応

30枚ちょっとの年賀状のうち、16人にはLINEで連絡できました。

あらかじめ「出しません」っていうのももしかして失礼だろうか?と不安になりつつ、連絡しておいた方が、あちらも私に年賀状を出す手間も省けるから、良かったと思ってくれる人もいるだろうって思って。

「年賀状じまいっていうと、終活ってイメージだったけど、トモは40代で決心したのねー」って言う友達もいましたけど。

わりと多いのが「うちもどうしようかって思ってたよー。早くやめたいなー」っていうお返事。

みんな辞めたかったんだあ。同じこと思ってるなあと。

40代の今決断できて良かった

毎年年末、年賀状でまる1日くらいはかかってたのを、これからは自分の時間に使えるし、何より「年賀状書かなきゃ」のプレッシャーから自分を解放してあげられたので良かったです。

年賀状を書く時間だけならたった1日としても、年賀状の憂鬱は年末の2週間くらいは頭の中にずっとあったので。

それがなくなって、精神衛生面で健康的に、慌ただしい年末も乗り切れそう、って感じ。

60歳まで生きられるとしたら、あと14回くらい押し寄せたかもしれない年末の憂鬱。40代の今決断できたことで、自分を解放してあげられてホッとしてます。

トモもTwitter始めました!