ビタクラフトのフライパン使い心地

10月に、それまで使ってたティファールのフライパンの加工がついに寿命で、
ビタクラフトのフライパンに買い替えていました。
fc2blog_2012102011303464a.jpg
ソフィア2っていうラインのもの。
これも、表面加工がしてあって、くっつきにくいタイプ。
大きさは20cmを選びました。わたしにはこれがちょうどよく。
買い替えて、表面つるつるのフライパンにしたら、
目玉焼きがとってもきれいに焼けます。
今週はお弁当箱に3回も目玉焼き入りましたけど。
fc2blog_20121220190812273.jpg
木曜日のロコモコ丼弁当。
目玉焼きのふちを見てもらうとわかるのではないかなー。
焼き上がりはするりととれます。
買ったばかりできれいに焼きあがるのは、まあ当たり前なのかも。
これがどれだけ持つかですよね。
以前使っていたティファールは、IHミッションっていうラインのもの。
ティファールのほうが、厚みがありました。
fc2blog_20121020113012b80.jpg
手前のほうが買い替えた21cmのフライパン。
奥のは今も使ってる、おんなじティファールの28cm。
つくりおきにするハンバーグ8個みたいに、
たくさん並べて焼いたりするのには、この28cmがないとねー。
ティファールのほうが、ビタクラフトよりも厚みがあり、重さもあります。
厚みがあるフライパンのほうが、
なんていうか、まんべんなく中まで火が通ってる気がしますね。
いまのフライパンほうが、表面だけ先に焼けてしまってる感じ?
あくまでそんな気がするって程度ですが。
お鍋やフライパンは、厚いものがやっぱり上等なんかなー、って思っちゃいます。
でも今のフライパンのほうが軽いから、洗うのとか楽ですよ。
こんどの新しいフライパン、長持ちするように、
火力をちょい弱めにすることにしました。
強火でいっきに炒めるのって、表面加工のフライパンには向いてないらしく。
前のは2年もたなかったんで、
強火を減らしたら、どれだけ寿命が伸びるのか検証していきます。

▽投票で応援お願いします!
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


スポンサーリンク


[ ビタクラフトのフライパン使い心地 ]家事2012/12/22 20:51