2019年の家計簿 年間支出で見えてくる、わたしという人は

  • 2020年2月8日
  • 2020年2月9日
  • 家計簿
  • 1655view
  • 0件

2019年の年間支出まとめを公開します。

2019年まとめの前に

わたしの家計簿スタイルを言いますとこんな感じ。

予算は決めない。なので予算オーバーで焦るとかもない。

手書きでつける。無駄遣いがなかったかどうかとか、いくらお金を使ったかがしっかり心に残りやすいので。

ひと月の収支はあまり気にしないようにして、1年の収支を重視する。

預金口座残高や証券口座の評価損益など、資産合計の増減はアプリのマネーフォワードで別管理。

わたしの生態、暮らしぶりについては、こんな感じ。

40代独身・マンション住まいでローンは完済

地方都市住まい、うちの街ではほとんどの家庭の交通手段は車

会社勤め事務、通勤は自転車や徒歩

普段の食事はほとんど自炊、毎日手弁当

主な趣味費支出はジェルネイル材料とカープの応援

外食ランチや飲み会(交際費)はお誘いがあればほぼ100%出席

自転車やバス中心の生活から、2019年5月〜11月はカーシェア、12月からは車を所有

2019年はがん治療で医療費かさむ

国内の旅行は最近多め 海外は数年行ってない

2019年の年間家計簿公開

費目の説明や集計方法などは↓こちら。

関連記事 2019年からの家計簿ルール

2019年は125万円で中古車を購入したけど、それは特別中の特別費用なので家計簿には計上せずです。

車購入費以外の全てになります。
それでは家計簿を公開です!

 

項目年間合計ひと月あたり
電気91,796円7,650円
水道34,534円2,878円
ネット34,100円2,842円
住居346,620円28,885円
スマホ12,400円1,033円
個人年金120,000円10,000円
食費148,460円12,371円
日用品52,828円4,402円
服飾75,344円6,278円
娯楽135,240円11,270円
交際138,891円11,574円
美容61,375円5,114円
医療299,221円
交通77,348円
旅行代246,000円
高額家電302,988円
合計2,271,050円189,254円

ひと月あたりの平均を計算しても意味なさそうな項目は、年間支出合計のみとしました。

医療費は、今年は入院と手術と放射線治療ですごい出費になりました。月平均せず全体のみで把握しました。

交通費は、5〜11月まではカーシェア料金で、12月は車購入に伴う任意保険・車両保険加入がおもな支出で、月ごとに事情が違いすぎるので。

毎月・毎年定例で支出があるとはいえない、旅行代、電気温水器などの家電等修理代、iPhone本体代など高価な備品代、これらは特別費用として別計上しています。

前年との比較で、こんなにも支出が増えた!

前年支出は、1,647,981円でした。

関連記事

昨年1年間の家計簿の集計をしました。うちは予算立てはしないで、家具・家電の買い換えや旅行代など、例月ベースでは把握がしにくい特別な出費を含めて、年間支出額がどんな結果だったかを重視して家計管理してます。去年の結果から、年間の支出総額[…]

今年は2,271,050円なので!!!

な、なんと623,069円の支出増前年比は137%という結果に!

ガーーーン  ( ̄◇ ̄;)

。。。って一瞬思ったんですけどもね。

好きなこと、お金をかけたいところにお金をかけることができてた

内容を見ると、光熱水費〜美容費まではわりと去年並みに生活していたようでした。

だから、生活レベルを上げちゃったとか、無駄遣いしたって訳でもなかったかなーって。

去年と違うのは、医療費と、特別費用でした。

医療費が、前年の約4万円→約30万円に。

旅行代が、前年の約6万円→約25万円に。

家電や修理代など高額備品代が約15万円→約30万円に。

あと、趣味費も支出増に一枚かんでましたね。約8万円→約14万円に。

医療費は、がんになっちゃったからしょうがないでしょー。それにこれは、支払った分の何倍も保険金で返ってきたんだし。

旅行代(年間合計246,000円)でいうと、がんが発覚したこの年に、旅行という機会で友達といろいろ思いを共有できたことは、がん治療前後に大切な人たちと繋がっていられることになったからほんとに良かったです。

2月、3月、ゴールデンウィーク、9月の連休、11月入院直前の連休と、たくさん友達と遊びました。お金をかける価値のある時間でした。

家電は、経年劣化でしょうがない10年ものの電気温水器修理代(36,198円)に、11年ものの修理不能冷蔵庫買い替え(156,264円)と、まあこれは不運というのか、10年も経てばそういうものとあきらめるか。

冷蔵庫がひとり暮らしにしては高価だけど、10年使うとすれば計算すると1日42円、今年の年間食費148,460円を1日あたりにすると407円。

冷蔵庫代+食材で450円。1日450円で毎日美味しい自炊のご飯が食べられるなら、ちょっと高価な冷蔵庫購入も、この方向性でいいんじゃないかって思えます。

それと最新iPhone(110,526円)。iPhoneはぜいたくしちゃってるけど、わたし的にはそれだけかけてもいい、価値ある支出なんですよね。就職して初めて買ったiMacからずっと、PC、タブレット、モバイルはアップル製品しか買ったことないです。

そういう訳で、甘々かもしれないけど、オールOKとします◎

2020年は方針をマイナーチェンジ

これまで、交際費は、節約は気にしないようにしてました。お誘いあったらあっただけ、飲み会に出てました。あと女子会的にランチ行くとか。

人と飲み食べして交際するのって、交友が広がって、世界が広がって、情報とか知見も増えて、それは自分にとってはいいことだって思ってきたからです。

自分から誘うことはあんまりなかったけど、誘われたら断るのは機会喪失、もったいないと思ってました。

イマドキの若者たちとは真逆の考え方なんだろうなーこういうの。

けど、がんになって、わたしを心配してくれた人達に支えられて、考えが変わったことがあって。

交際して交友が広がって世界が広がることに時間を費やすよりも、

自分を大切に思ってくれる人との時間&自分がひとりでただ楽しく過ごせる自由な時間が欲しいなと。

もうこれからはそんなに、知り合いというだけの関係は増えなくていいや、知り合いからもらえる情報が減ることになっても、自分の幸せには影響なさそうかなって。

そういう訳で、これからは仕事つながりとか、先輩に呼び出されたとか、女子というだけのつながりでの交際は減っていくと思われます。交際費支出は減ることになりそうと思ってます。

 

▽家計管理ブロガーさまの記事はこちらから
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
節約にチャレンジ!
◇家計簿*お金事情*◇

トモもTwitter始めました!