LINE Payカードに代わる2%還元カード 「Kyash(キャッシュ)」始めました

LINE Payカード。。。残念ながら、一律2%還元ではなくなってしまいましたね。あれはもう5月のことだったですかね。
しっかし、情報ってほんとなんでもネットを見れば分かるという便利な今の世の中。
検索したら、新しいサービス「Kyash(キャッシュ)」っていうのがLINE Payなみに便利かつ2%還元ということで。Kyashの利用を始めましたよ~。

 

クレジットカードのように使えるKyashリアルカード


Kyashっていうサービスは、どうやらカード発行なしの、ネット上の決裁ができるサービスが始めにあって、リアル店舗などでカードを出して決済できるようになったのはこの6月くらいからだそうです。
LINEPayのような、デビットカードになります。基本的には、チャージしてから使うタイプのカード。VISAブランドのカードが使えるお店で決済ができます。

このサービスを知ったのがLINEペイ2%還元が終わった頃だったから5月かな。知ってすぐにカード発行申請をしたけど、すごく人気だったみたいで発行申請が殺到してたらしく、カードが届いたのが先月7月のこと。

 

Kyashだと実質還元率3%もねらえるかも?!


LINEペイカードへのチャージは、銀行口座引き落とし、コンビニで現金チャージがメインでしたよね。
Kyashはなんと、クレジットカードを紐付けておくと、Kyashに残高がないときでも、Kyashで決済すると、それと同時に勝手にクレジットカードからチャージしてくれます。

わたしの使い方としては、こんな感じ。


  1. いつもkyash残高は0円になっています。

  2. Kyashにチャージするカードには、楽天カードを紐付けて登録済みです。

  3. 残高0円のkyashリアルカードをお店のレジに渡して決済します。

  4. そうすると、支払い金額分だけが勝手に楽天カードからチャージされて支払いができてる。

  5. 支払い額分しかカードからチャージされないので、支払い後のKyash残高はやっぱり0円。

という流れ。

7月から使い始めたので、楽天カードからチャージした分が、楽天カードの1%ポイント還元対象になってるかどうかは、来月8月の楽天カード利用ポイント明細がでる頃に最終確認にはなりますが、利用ガイドを探してみるに、
Kyashの2%還元+楽天カードチャージした分の1%還元=夢の3%還元?! なのではないかと。来月しっかり明細で確認しますね。

引用:楽天カードの利用で「カード利用獲得ポイント」の対象外となるものは何ですか?
以下のご利用につきましては、「カード利用獲得ポイント」の付与対象外となります。
•キャッシングご利用分
•楽天キャッシュご購入分
•楽天バーチャルプリペイドカードのご利用分(※1)
•明細書発行費用
•カード年会費(楽天ETCカード、楽天プレミアムカードなど)
•カードショッピングの手数料(3回以上の分割払いなど)
•提携ATM・CDでのキャッシングによるATM利用手数料
•楽天Edy発行費用(※2)(※3)
•楽天Love Japan政治献金
•楽天クラッチ募金
•auかんたん決済ご利用による楽天Edyチャージ分
•楽天PINKカード カスタマイズサービス月額料金
•カード切替手数料
•nanacoクレジットチャージ
•モバイルSuica(※4)
•モバイルSuica年会費
•モバイルSuica(Apple)(※5)
•モバイルSuica(Google Pay)
•スマートICOCA(※6)

楽天カードのナナコチャージ額はポイント対象外に改悪されたことだし、将来いつかは、デビットカードへのチャージはすべてポイント対象外ってことになるのかもと予想してますが。。。使える間はめいっぱい使っちゃいましょう!
Kyashも新しいサービスだから、顧客獲得のために今だけ2%還元の大盤振る舞いなんじゃないかとも思います。

スポンサーリンク



kyashのほうがLINEペイよりも使い勝手が悪いところ

 

その1 利用上限額

LINEペイだと、本人確認の手続きが済んでいれば、ほぼ無制限に決済できるんですけど、Kyashはしっかり上限があります。

【決済(購入)】
•24時間あたりの購入限度額は3万円以下
•1回あたりの購入限度額は3万円以下
•1ヶ月間での決済利用上限は12万円まで

尚、この決済の上限はVisaの規定となっております。
ご利用限度について

LINEペイカードだと、東京までの出張とか家電とかの大型決済もできて、5万円はらって1000円分のポイントゲット!とかってできたんですけどね。ひとつの買い物につき上限3万円までかあー。残念。

 

その2 還元のタイミング


これについては、そこまで不便って話ではないんですけれども。
LINEペイだと、支払いのタイミングで即、利用額に対するポイントがついていました。
けど、Kyashだと、支払い月の翌月25日頃にまとめてつきます。還元方法はポイントではなくて、利用残高にキャッシュバック。直接電子マネーで還元されるところは手間がなくていいところとも言えるかな。

 

そのほかの使い方


LINEペイでもそうなんですけど、アプリを使っている人同士だったら送金ができます。私の使い方だと、彼氏もKyash使って、ふたりで何かご飯とかシェアしたときに、どっちかが支払いをしておいて、支払いしなかった方が支払いしてくれた方にKyashを使って1円単位で割り勘して送金してます。

送金したい相手もkyash利用者じゃないとできない利用方法だから、あんまりメジャーな使い方ではないと思うけど。うちらの間ではとっても便利に使ってます。ちゃんと割り勘できるからモヤモヤしないのだ。

 

kyash発行方法

ここから申し込めます。

わたしの時は、申請から発行まで1ヶ月くらいかかっちゃったけど、今はどうだろう。kyashだっていつかはLINEペイのように2%還元じゃなくなるかと思うから、思い立ったが吉日。年会費があるわけでもないし、興味がある方には、早めの申請をおすすめします。

▽この記事をシェアする
▽投票で応援お願いします!
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


スポンサーリンク


[ LINE Payカードに代わる2%還元カード 「Kyash(... ]節約やお金のこと2018/08/18 09:00